近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

事前に樹木葬が出来るツアーをいくつか周れるのか?

    

事前に樹木葬が出来るツアーをいくつか周れるのか?

終活の新しい形として樹木葬が注目されています
従来のお墓と比べて承継者がいなくても困らない点や、

維持管理のための費用が安くすむ点が評価された結果です
また、自然に回帰するコンセプトに共感した方たちが関心を寄せているため、樹木葬ができるいくつかの寺院や霊園をツアーで見学できるサービスが業者から提供されています。

ここでは話題となっている樹木葬のメリットやデメリットについて触れた上で、樹木葬ツアーの必要性や具体的内容をみていくこととします。

 

樹木葬とはどんな埋葬方法なのか

樹木葬とは、樹木(シンボルツリー)や花を目印としてその周辺に遺骨を直接埋める埋葬方法のことを指します
少子化の影響で墓守となる承継者がいない方が、無縁墓とさせないために樹木葬を選択するケースが増えてきています。
また、維持費用が安いことも、樹木葬が関心を集める要因です

 

・樹木葬にはいくつかのパターンがあります
樹木葬には単独で埋葬するものや、シンボルツリーの周辺に複数人が埋葬されるもの等、さまざまなパターンがあります
また、霊園などの敷地内に樹木葬用のエリアが設けられ、整然と配置されるものを一般に公園型の樹木葬と呼びます
このタイプならば、立地の良さも手伝って墓参りがしやすいなどのメリットがあります。

一方、山林を主体とするエリアに設けられた樹木葬は、里山がと呼ばれ自然環境に近く自然葬の趣旨により近いものとなっています
業者によって管理方法や利用上の条件が異なりますので、購入を検討する場合は複数の業者の資料を見比べて、自分に合った条件を見つけることが大切です。

 

・現地を見学すると実感できる
シンボルツリーに用いられる樹木の種類や、サクラやハナミズキなど花をつけるものの他、緑豊かな常緑樹が選ばれることが多くあります。
そのため、花の咲くころに花見を兼ねて墓参りを計画する方も多くいます。

一方で里山型では遠方の山にある場合もあり、墓参りをする際に肉体的に大変な場合がありますので注意が必要です。
パンフレットやホームページからだけでは、実感できない部分がありますので、墓参りを想定して実際に現地を見学して実際に目で見て確認することが大切です。

 

樹木葬ツアーの必要性とメリットについて

樹木葬ツアーは複数の箇所を見学することが可能であり、霊園や寺院による違いを知ることや、現地を目で見て確認し具体的なイメージを持つことを目的として実施されます。
終活の一環としてお墓のあり方を考えるきっかけとすることができるのがメリットであると言えます

特に樹木葬は比較的、歴史の浅い新しい埋葬方法であり、従来型のお墓と比べて、どんな点が異なるのか疑問や不安を持つ方が多くいます。
そのため、樹木葬ツアーの必要性がますます高まっているという具合です。

 

・自分の目で見て具体的イメージをつかめる
ツアーで現地を訪れることで、実際に埋葬されている状況を目で見て確認できます。
パンフレットやホームページよりも、さらに具体的な情報を得たり、雰囲気を実感できますので有意義です
お墓や終活について真剣に考える機会となりますので、お墓のあり方に不安や疑問を抱えている方は、ぜひ参加してみることをお勧めします。

 

・ツアー参加者と情報交換をできるので心強い
バスツアーが主体となっていることが多く、個人で見学して周るよりも効率的に複数の樹木葬エリアを見学できます
たとえ一人で参加されるケースであっても、目的を同じくするたくさんの人と行動を共にするツアーだからこそ、すぐに仲良くなれます。
情報交換したり終活を検討するためのモチベーションを高めたりと、様々なメリットがありますので、参加する意義は大いにあると言えるでしょう。

 

・専用のガイドさんやカウンセラーに相談可
ツアーにガイドさんが同行しますので、迷うことなくスムーズに見学を進めることができるでしょう
また、專門の業者であれば樹木葬のカウンセラーが常駐していることが多く、参加を迷っている方でも事前に相談することが可能です。
個人の事情を考慮したアドバイスも期待できますので、率直に相談してみることをお勧めします。

 

樹木葬ツアーの選び方

一回のツアーで複数の樹木葬や納骨堂が見学できることや、食事が付いていたり役立つ豆知識をレクチャーしてくれたりと、オプションのサービスが充実している業者を選ぶと有意義な時間を過ごすことができます
まずは樹木葬ツアーを開始している複数の業者からパンフレットを請求するところからスタートすることをお勧めします。

次にパンフレットや樹木葬を扱っている霊園や寺院のホームページの情報を参考にして、日程と費用および一回のツアーで巡ることができる樹木葬の数や特徴をチェックすると良いでしょう。
費用の面やスケジュールの関係で、何回も参加できないかもしれませんので、あらかじめざっくりと自分の希望と合致する箇所をピッアップしてから参加を検討すると効率的です。

 

まとめ

新しい埋葬の方法である樹木葬は、承継者不要、管理費用が格安等のメリットがあり人気が出てきています
しかし、様々な形態があり疑問や不安を持たれる方もいます。
そんなときに、複数の箇所を見学できる樹木葬ツアーに参加することを推奨します。
目的を同じくする参加者やガイドが同行しますので心強いですし、ホームページやパンフレットでは得られない雰囲気を実感できますので有意義です。