近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

スピリチュアルに関心のある方に樹木葬はおすすめ

    

スピリチュアルに関心のある方に樹木葬はおすすめ

お墓のあり方が変わってきています

お墓が維持できずに無縁墓なってしまうケースが急増しており、そうさせないために生前に墓じまいをする方や、新しい形の樹木葬を検討する方がいます
墓守となる承継者がいないケースや、そもそもお墓に対する価値観の違いからお墓のあり方が変わってきています。
新しい葬送の方法の一つに樹木葬があり、お墓の方にこだわらず自然に還っていくスタイルがスピリチャルな思想とも合致すると言われています。

 

・少子高齢化によって無縁墓が増加
高齢化社会が進行にするにつれて、子供を持たない人が増えてきておりお墓の承継者がいないという事態が現実のものとなってきました。
承継者がいなければ、無縁墓とされその後の墓石は撤去、遺骨は他の方のものと一緒にされ(合祀)別の場所で供養されることになってしまいます。

先祖代々の墓を無縁墓にしてしまうのは心苦しいですし、子孫に墓守の責任や費用負担を持たせたくないという観点から、墓じまいを検討する方が増えてきています。
墓じまいは墓石を撤去して更地とした上で、墓地管理者に返す流れとなります。
そもそも、墓地となる土地は寺院や霊園から借り受けているものだからです。

 

・樹木葬は新しいお墓の形の一つ
取り出した遺骨は別途、供養する方法を模索することになりますが、墓地の管理費用の負担を減らすために樹木葬に関心を寄せる方も増えてきています。
樹木葬とは、亡くなった方は自然に回帰するのが本来の姿であるという考え方から、遺骨をそのまま埋葬して土に還すものです

樹木や花をシンボルとして、その近くに遺骨を埋葬しますので樹木葬と呼びます。
霊園の一画を樹木葬のために作ったものを公園型、自然の山に作ったものを里山型と呼びます
なお、従来のお墓のスタイルとは異なる新しい葬送のやり方ですので、違和感を持つ方もいますので遺族全員で納得の上で樹木葬に切り替えていくことが大切です。

 

お墓をスピリチュアルの観点から考察すると

死んで肉体が無くなっている状態では、遺骨を残さずに大地に還りたという考えがあります。
特にスピリチュアル的な考えする方が賛同する傾向があります。

 

・お墓はいらないという考え方
スピリチュアルの興味のある方は、お墓の意義に疑問をもつ場合があるようです
そもそもお墓とは、現実を生きる人の心の平安のためにあり、そうであれば肉体から離れた精神世界の話となりますので、お墓がなくてもいつでも故人を思って心を慰めることはできるという考え方があります。

お墓は生存している人が死んだ人のためにできることの象徴であり、本人の満足するために行うことがお墓参りであると考えると、本人が納得しているならば極端な話ですがお墓さえいらないとも言えます。
もちろん愛する人をなくした喪失感を埋めるためには、何らかの形が必要ではあるが、それはお墓でなくても良く一つの答えに樹木葬があると言われています

 

・自然に回帰したい思いを実現する
亡くなった方の肉体はいずれ、自然(大地)に還るべきでものであるといった考え方に賛同し、自らもいずれ訪れる死に直面したら土に戻っていきたいなら樹木葬が一つの答えになると述べました。
もちろん自然葬にはこの他にも海洋散骨など、自然に還すという意味では同様のものがありますが、遺族にとっては全く痕跡がなくなってしまうのは寂しいという思いもあるでしょう

そこで樹木葬ならシンボルとなる樹木や花をお墓の代わりとして故人を偲ぶことができますし、土に還りたいという故人と遺族の両者の気持ちを立てることができるメリットがあります

 

自然やスピリチュアルに興味がある方と樹木葬の関係

樹木葬には霊園や寺院が用意した区画で実施するものと、より自然を一体化することを指向したものがあります
前者は公園タイプであり一般の墓地と同じようなイメージとなりますが墓石がなく樹木をシンボルとして複数の遺骨がそれぞれ埋葬されます
なお墓標が置かれますのでお墓参りも可能です。
もちろん自治体の埋葬許可も必要であり、法律的にはお墓として取り扱われます。

一方、自然環境に溶け込んだ形で埋葬されるのが里山タイプです
自然に囲まれた環境で静かに眠り続ける形の埋葬方法であり、自然が好きな方や大地に還ることを望んでいる方にとっては理想的なものとなります
ただし、人の出入りが少ないと遺骨を埋葬した場所が分からなくなったり、高齢者には過酷な山道であったりと墓参りが困難になるケースがありますので留意しておきましょう
従来型のお墓のあり方に疑問を感じている方や、スピリチュアルな思想を持つ方にとって、樹木葬は一つの答えを与えてくれるのではないでしょうか。

 

まとめ

お墓のあり方に変化が出てきており、従来型の墓の管理を継続できずに無縁墓となってしますケースが増えてきています。
またスピリチュアルに興味を持っている方の中には、通常のお墓のあり方に疑問を持つ方も多くいて、特段に従来型の供養のやり方を踏襲せずに、大地に還る自然葬を選択するケースがあります。

樹木葬であれば遺骨はいずれ土に還りますが、残された親族はお墓の替わりにシンボルとなる樹木や花を目印として墓参りをすることができ、心の平安を保てますので本人の希望を受け入れやすい傾向があります