近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

樹木葬にするメリット・デメリット

    

樹木葬のメリット・デメリット

埋葬方法にはいくつかありますが、その中でも樹木葬というのがありますが、通常は墓石を墓標としていますが、少し違って霊園の敷地・自然の山・木・草花を植えて、その下に埋葬するという方法になります。
自然にかえるという言葉を聞くかと思いますが、自然に還ることができるということで増えてきているようです。
どこに埋葬するかは勝手に山・海などで行ってしまうと法律違反になってしまうこともあるので気をつけないといけない事でもありますが、樹木葬にもいくつか種類があるので、そういったことを調べるといいかもしれません。

 

樹木葬にするメリットはどんなことがある?

一番のメリットはお墓の後継ぎが必要ないので、管理するという心配がないということ、そして、墓石が必要ないので、その分費用を抑えることができるということが大きいのかもしれません。
一般的に埋葬した骨は墓石を作ってそこに代々継承していくものですが、核家族化が進んでいるという影響もあったりして後継ぎがいないという問題も多くなっています。
でも、樹木葬の場合には墓石を作る必要がないので、墓地を継承する必要がないので、後継ぎ問題という心配がありません。
管理をする場合には一般的な永代供養などと同じように・霊園・墓地側で行ってくれるので安心です。
そして、樹木葬では墓石が必要ないので、一般的な埋葬方法に比べると、費用も抑えられるということも大きいのかもしれません。

どのくらいの費用でできる?樹木葬の相場

樹木葬では費用が抑えられるといってもどのくらいかかるのかということです。
樹木葬を行っているお寺も多くなってきているので、場所によっても変わってくることもありますが、良心的なところが多くなってきているようです。
樹木葬の種類でも里山型樹木葬・公園型樹木葬(またはシンボルツリー型樹木葬)がありますが、どちらにするかでも相場は変わってきますが、この場合には契約は生前にするということが多いようなので、亡くなってからの料金を心配する必要がないからいいという人もいます。
樹木葬では永代供養墓と同様な方法で行っていることが多いので、永代供養料がかかるところが多くなっています。
幅はありますが、10万~80万円くらいといわれています。
樹木葬にした場合に必要な費用というのは埋葬時の料金・管理費です。
その他にもオプションがあり、追加をした場合にはその分の費用が必要になりますが、オプションには植林代・希望のプレートなどがありますが、これに関しては、契約する寺院・霊園によって料金体系は異なってくるので確認するようにしましょう。
ある一区画を買取をした場合、遺体を追加するという場合は、少し安くなったりすることもあるようです。
そして、夫婦でという場合にはセット価格がある場合もあるようです。
もし、合同でという場合には基本的な費用は、永代供養費になり、管理費込の費用を事前に支払いをするということが多くなっています。
また、植林をしたり、家族で入るということを前提にして、ある一区画を買い取るという場合もできますが、この場合には管理費などが別途かかることが多くなっています。

樹木葬にするデメリットはどんなことがある?

骨を埋葬をすると取り出すことができないということ、事前に親族にきちんと説明をしておかないとトラブルになってしまう可能性もあることです。
管理を個別に行わないタイプの樹木葬もありますが、この場合には後で遺骨を取り出すということができません。
個別タイプの場合でもパウダー状に散骨するという場合も、遺骨の形状がなくなってしまうので、取り出すことができないということです。
樹木葬というのは新しい埋葬方法になってくるので、遺骨を取り出すことができないということで、理解を得られないという場合もあるので、トラブルというのは起こしたくないかと思うので事前に親族には説明をしておいた方がいいかもしれません。
また、樹木葬にする場合にはどのようなことに注意をしておいた方がいいのかというと、
埋葬する場合には埋葬許可証が必要になり、法的に許可されているところにすることです。

樹木葬に変更することはできる?

樹木葬にしたいと検討している人の中でも、すでにお墓で埋葬しているという場合もあるのではないでしょうか。
お墓から樹木葬に変えたいという場合もあるかもしれませんが、変更することもでき、このことを改葬といわれています。
改葬をする場合市区町村の役場で改葬許可申請書でもらう、また、ホームページからダウンロードができる場合もありますが、必要事項を記載して書類を作成したり、承諾をもらったり、遺骨の取り出し・移動・新しい納骨先で法要を行うなどいろいろとあります。
お墓の引っ越しと同じ手順が必要になってくるので事前に確認をするようにしましょう。
樹木葬にする場合にもメリット・デメリット・費用などを含めて、いろいろなことをよく調べて、よく検討してから決めるようにしたほうがいいかもしれません。