近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

樹木葬の埋葬場所は里山型?公園型?

    

樹木葬の埋葬場所は里山型?公園型?

樹木葬という注目の埋葬方法があります。
この埋葬方法は継承者がない現代人にマッチした方法と言われ、

自然に戻る

という意識にも応えた埋葬方法のひとつです。
また樹木葬にも色々なタイプがあります。
ここでは最近注目されている樹木葬の埋葬場所についてご紹介します。
これから見学に行こうと考えている方は必読です。

 

里山型は自然に還る方法として注目

樹木葬というと樹木を植えた木の下に遺骨を埋葬する方法を思い浮かべる方もいるでしょう。
この樹木葬には大きく分けると里山型と公園型の2種類があります。

里山型は名前の通り山深い自然の中で眠る方法です。
里山に植樹した樹木の下に埋葬しますが、最終的には自然と一体化するケースが多いので、墓標がわかりにくくなることもあります。
またお参りや掃除が徐々に難しくなる、墓荒らしということも考える必要がでてくることもあります。

ただしこのような埋葬が注目されているのは、

埋葬本来の「自然に還る」という意識

亡くなってから自然環境の維持保全に貢献できるという意識

が高くなっていると言われています。
墓石を立てずに花や樹木を植えて、自然に近い環境で埋葬されるので自然に還りたいという意識の方には注目されています。

また里山型がいくら自然に近いといっても、しっかりと寺院や霊園が管理している土地に埋葬されます。
豊かな自然の中で日本の四季を感じられ、参拝される方も折々の風景を感じることができます。
心穏やかに埋葬されたい、個人を想いたいという方に向いた方法です。

 

公園型のタイプは身近に気軽にお参りできる

公園型は1人ずつ植樹をせずに、霊園や墓地の決められた区画に埋められた樹木の周囲に埋葬する方法です。
合同で眠るタイプや個別に埋葬する、家族で埋葬するなど色々なタイプがあります。

最近では樹木の周囲に埋葬される場合でも墓誌や墓標があるので、大きな墓石型が小さくなったというイメージで捉える方もいます。
樹木葬といっても里山型とはだいぶイメージが違います。

また首都圏や近県などのお参りしやすい場所にも樹木葬ができる霊園や墓地が増えているので、家族で気軽にお参りできる身近なお墓として注目されています。

お参りするときはお線香を立てるところが代表として1か所設けられています。
また年に2度、お寺などで供養してもらえるのでそこも安心です。
最近ではガーデニング型の樹木葬もあり、日本型の霊園と違い、洋風のガーデニングスペースが設けられています。
主にアクセスしやすいエリアにあることが多いようです。

どちらを選ぶかは家族や生前予約をする人の意見次第

樹木葬は今注目の埋葬方法です。
いろいろな霊園や墓地で見学することができます。
また残された家族に迷惑をかけたくないという理由で生前に予約する方も増えています。
終活という言葉がありますが、まさに終活の一環で用意する人もいるようです。

また樹木葬を考えているなら一度見学することをおすすめします。
それは、

どんな環境なのか

お参りしやすいのか

永代供養をお任せするお寺や霊園がどのような管理がされているのかを目で見ておくのも重要です。

納得して選んだお墓なら、自分が亡き後のことを心配する必要はありません。
また継承者がいない方なら、なお安心です。
もちろんご夫婦2人だけという家族構成でも、選ぶカップルが増えていると言われています。

田舎にお墓がある方でお参りに通えないという方が改葬するケースも増えているといいます。
樹木葬は現代人の悩みに応えた埋葬方法です。
お墓不足に一石を投じ、高額になりやすいお墓の問題を解決してくれる新しい方法です。
ご興味のある方は一度見学をすることをおすすめします。

公園型が注目されるわけ

里山型を選ぶ方の中には、自然に還るということをポイントにして、生前に予約する方がいるということです。
どちらかというと里山型は故人の遺志を反映していることが多いと言われています。

一方で公園型は最近では非常に管理や整備が行き届いた霊園(墓地)になります。
自然の中といってもガーデンタイプや造園されているので荒れることはありません。
また人気になっている理由のひとつが都心から近いことです。
中には都心の中にある霊園もあります。

そして受け入れられやすいのがそのお墓のスタイルです。
小さい墓碑が並んでいるところもあり、一見すると一般のお墓と大きさが違うだけでなんら遜色がないところも多くなっています。
焼香台や献花台(多くは合同で使うようになっている)が設けられており、通常のお墓参りと何等変わらない霊園もあります。

自然に還りたいと考えている方には公園型だと多少イメージと違うと思う方もいるかもしれませんが、これはその方の好みの問題です。
ただし公園型が受け入れられている理由は、

自然に完全に還ってしまわない環境

墓碑などがあり通常のお墓とさほど変わらないイメージでお参りできる

といった良い所取りをしていることでしょう。

どちらを選ぶにしても、お墓を選ぶ方の意思を尊重することが大切です。