近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

樹木葬でよくあるトラブルについて

    

樹木葬でよくあるトラブル

 

樹木葬は従来からある墓石型の埋葬方法ではなく、墓石の代わりの木々を植えるという特殊な埋葬方法です。
そのため、色々と表にはでないトラブルがありそうなものですが、頻繁に起こり得るトラブルというのは意外とありません。

 

 

樹木葬のデメリットとトラブル

樹木葬のトラブルというのは基本的に霊園と利用者の間で起こるトラブルを想像しますが、これは樹木葬だから特別なトラブルがあるという現状ではありません。
トラブルに対する考え方は樹木葬も墓石霊園も同じであり、遺骨を取り出せるかどうかや使用料はいくらなのかなど、基本的なところをしっかりと確認して霊園を選べば問題ありません。
どちらかと言えば、樹木葬で起こりやすそうなトラブルというのは家族間のトラブルだったり、自然葬として散骨する場合にいくつかの注意を覚えておくことでしょうか。
こうしたトラブルは樹木葬のデメリットが原因になるケースが多いため、どんなデメリットがあるのかを抑えておくと回避しやすいと思います。
樹木葬のデメリットも考えれば色々と出てきますが、トラブルに発展しやすい内容として「埋葬方法の違い」や「お墓参り」があります。
樹木葬の埋葬方法は個人スペースに埋葬して木々を植える方法と合葬があります。
合葬は1つの木々に対してその周囲にいろんな方の遺骨を埋葬する方法なので、これを理解しておかなければ後にトラブルになることがあり得ます。
日本の風俗習慣として、お墓参りといえば墓石が真っ先にイメージされますが、樹木葬は墓石がありません。
従来型のお墓参りが固定観念として根強い方の場合、お墓参りをしても違和感を感じることがあると思います。
これは家族間のトラブルになることが考えられるため、事前に家族みんなが納得できるかどうかを話し合っておくことが大切です。
他にも遺骨を取り出すことができないなど、いろんなデメリットがあります。
しかし、どんなデメリットにおいても、基本的に樹木葬の知識を持って霊園を利用するというのが常識なので、その辺りは一方的にデメリットとは言えないと思います。

散骨が最もトラブルが起こりやすい

樹木葬は霊園に遺骨を埋葬するのが基本ですが、山や森など故人が好きだった場所へ自然葬からの樹木葬として散骨することもできます。
散骨する場合は法的に明確なルールが決まっていないため、グレーゾーンと良く言われます。
どうしてグレーゾーンなのかというと、誰もが家族の遺骨を自由に散骨することができると、犯罪の区別ができなくなるからです。
しかし、法律として散骨を禁止してしまうと宗教上の理念に制限が掛かってしまうため、非常に扱いが難しいというのが現状です。
散骨は骨を粉砕することがマナーであり、他人の所有地に散骨してはいけません。
火葬を終えたら骨だと分からないくらいに粉砕します。
次に散骨する場所が決まったら、その地域の市区町村に問い合わせをして散骨しても良いかどうかを確認しておきます。
地域によって散骨に関して条例が出されているケースもあります。
この辺りを意識しておけば、罪に問われることもありませんし、トラブルを避けられると思います。
散骨は「遺体遺棄罪」や「埋葬法」に抵触するかどうかが最大のポイントではあるものの、実際のところは本当にグレーゾーンなのでこっそりと一定のマナーを持って散骨してみてください。
ちなみに散骨というのはグレーゾーンですが、絶対に罪に問われるわけではありません。
上記で紹介した注意点を抑えておけば、堂々と散骨しても大丈夫です。

最終的にお葬式に対する考え方に辿り着く

樹木葬を霊園で行う場合、霊園の選び方やシステムなどをしっかりと勉強しておきましょう。
すべてを霊園任せにしておくと、自分の思い込みから後にトラブルになるケースがあります。
散骨から樹木葬を行う場合、骨を砕いたり散骨の許可を確認することに注意をしておけば、トラブルなく散骨できます。
樹木葬のトラブルを深く考えていくと、最終的にはお葬式に対する考え方がポイントとなります。
人によってお葬式や埋葬の理想は異なるわけであり、自分の理想を叶えられるかどうかを確認していくことが大切です。
霊園を選ぶ時は自分の希望が叶うかどうかを相談すれば良いですし、散骨に関しては法に触れない範囲で理想が叶うかどうかを探っていくと、自然とベストな方法が見つかるのではないでしょうか。
また、家族間における意見の相違というのも樹木葬のトラブルの1つとして意識しておきたいところですが、これも家族それぞれの理想を話し合うことが何よりも大事です。
樹木葬と対比されるのが墓石ですが、樹木葬のメリットはロマンチックな埋葬だけではなく、墓石を建てることに比べて金銭的なコストが安いことも魅力です。
家族で樹木葬を検討する時は、コストが安く付くという点も大きな焦点になるため、しっかりと料金比較をしながら話し合ってみてください。