近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

都会でも樹木葬が行える土地はあるのか?

    

都会でも樹木葬ができる土地はあるのか

 

樹木葬は自然の多い地方でなければ霊園が見つからないという印象があります。
しかし、関東圏や関西圏など、日本を代表する都会においても多くの霊園があり、樹木葬に対応しているところもたくさんあります。

 

 

わざわざ地方の霊園を選ぶ必要はない!都会の樹木葬のメリット

都会でも樹木葬を行える土地は多数あります。
樹木葬の土地は「樹木墓地」や「樹林墓地」と呼ばれますが、それらの土地は霊園の所有地です。
遺骨の埋葬は許可を得ている土地でなければ埋葬することができないため、樹木葬の場合も霊園を利用することになります。
一言に霊園といっても様々な種類がありますが、樹木葬ができるところは霊園の1種となります。
墓石霊園に比べると樹木霊園はまだまだ数が劣る印象があるものの、料金が安くて美しい霊園に埋葬できることから人気は高まっています。
今後、数十年においては墓石霊園に肩を並べるほど樹木霊園が増えるかもしれません。
さて、都会で樹木葬を検討している方はその地域でも樹木葬霊園を見つけることができます。
わざわざ、遠くの地方を選択する必要はないので、まずは住まいの地域において樹木葬霊園を探してみてください。
都会で樹木葬を行う場合、霊園へ通いやすいというメリットがあります。
細かくいえば、都道府県の違いというよりは霊園のある場所、あるいは利用者の自宅と霊園の距離感という話になりますが、少なからず都会は交通の便が発達していることからも霊園まで通いやすいというメリットは得られるでしょう。
都会に住んでいて地方の樹木霊園を利用する場合、これはなかなかお墓参りへ行くことができません。
北海道や沖縄など、かなり遠い場所で霊園を借りるとお墓参りはちょっとした旅行になります。
やっぱり、樹木葬に限らず霊園というのは自宅から近い場所を選んでおく方が何かと都合が良いことは間違いありません。
都会で樹木葬の人気が高くなると、都会に自然が増えるというのも1つのメリットです。
合葬の場合は例外ですが、個人スペースを借りて木々を植える人が増えると、自然豊かな都会に期待を持てます。
また、そうした未来を想像した時に自分の家族が自然の一部になっていることを考えると、感慨深いものがありますね。

樹木葬霊園の種類・都会の樹木葬の選び方

都会で樹木葬ができる霊園を探すと、「この霊園は本当に樹木葬できるのかな?」と思うことがあるでしょう。
多くの人はネットから霊園を探すと思いますが、樹木葬が可能になっている霊園でも一般的な霊園と何も変わらないように見えるところもあります。
樹木葬は墓石ではなく木を植えることが特徴ですが、合葬の場合はたった1つの木に対して故人を埋葬する形となります。
合葬を軸に運営している霊園になると、合葬スペースがいくつもあって綺麗な自然公園のような作りになっているところもあります。
一般的に樹木葬のイメージは1つの埋葬場所に対して1つの木が植えられているという感じだと思いますが、どのような樹木葬なのかは本当に霊園によって違いがあります。
合葬が嫌だという方は、個人スペースから樹木葬ができるかどうかを確認しておきましょう。
合葬はお墓参りをした時に違和感を感じるという意見がちらほらとありますが、霊園によっては合葬でもプレートを設置できるところもあります。
都会の樹木葬の選び方は、都会だからという特別な選び方は特にありません。
基本的に樹木葬のサービス内容をしっかりと確認すること、その上で使用料や使用期間などを見ていけばベストな霊園を見つけられます。
後は、頻繁に故人に会いたいという方はアクセスや距離にも重点を置いておくのが理想でしょうか。
その他として、霊園の雰囲気もしっかりとチェックしておいてください。
自分にとって居心地の良い雰囲気の霊園だと、自然とお墓参りを行う回数が増えると思います。
樹木葬の霊園はその雰囲気から散歩がてらに参りやすいことも魅力なので、いくつか候補となる霊園を見つけたら見学をしておくのがオススメです。

都会でも散骨ができる場所はある

少し散骨にも触れておきますが、都会でも散骨できる場所は色々とあります。
樹木葬を希望するなら、散骨の許可を得られる山や森を探せば良いです。
基本的に散骨ができない場所というのは許可を得られない場所ですが、一般的には散骨するためにわざわざ許可を取らない人の方が多いです。
例えば、海に散骨する場合、散骨したかどうかの証拠が残らないので、こっそりと散骨してしまえば良いですね。
養殖場などマナー的に散骨してはいけない場所へ散骨しない限りは大問題になることもありませんし、そもそも明確な散骨の法律がないことも大きな理由です。
都会でもいろいろと散骨できる場所を見つけることができますが、散骨を行う人のモラルやマナーが何よりも大事なので、散骨する時はしっかりと知識を身に着けることから始めてみてください。