近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

樹木葬はペットと一緒に入れるのか?

    

樹木葬はペットと一緒には入れるのか

 

人がペットと一緒にお墓に入れるかどうか?これは霊園によるというのが答えです。
樹木葬の場合も全く同じなので、もしペットと一緒に樹木葬としてお墓に入りたいのであれば、それが可能である霊園を選ぶ必要があります。

 

 

ペットと一緒に入れる霊園

ペットを飼っている人からすると、ペットの存在は人間と同じです。
家族の一員なのですから、「ペットも家族と一緒に眠らせてあげたい」と思うのが自然な考えです。
しかし、宗教的にはペットは動物であって人間とは違う存在と捉えるケースも多いです。
人が眠る神聖なお墓に動物を入れることはできないと考える霊園もあるため、すべての霊園がペット可となっているわけではありません。
また、このペットに対する考え方というのは霊園の立場からすると、その霊園に眠るすべての人が動物が好きとは限らないというのも1つの理由かもしれません。
霊園によってはペットと一緒にお墓に入ることができるところがあります。
これは霊園の方針としてペット可となっており、墓石に関してもペットの名前を刻むこともできます。
本当にペットを家族として供養したい方は、このようにペット可の霊園を探すようにしてみてください。

樹木葬の場合もペット可を探す必要がある?ペットの墓地使用料はいくら?

さて、樹木葬はペットと一緒に入れるのか?これは冒頭で紹介したように霊園によるというのが答えであり、樹木葬だからペットと一緒に入ることができないというわけではありません。
現状は普通の霊園も樹木葬霊園もペットの扱いは同じであり、それぞれの霊園がペットを受け入れる方針を取っているかどうかです。
樹木葬でペットも一緒に埋葬したいなら、樹木葬霊園の中でもペット可となっている霊園を探す必要があります。
今は樹木葬の霊園自体が全国にばらつきがあるため、地域によってはペット可の樹木葬霊園が見つからないケースもあり得ます。
都会は意外と樹木葬霊園が多数あり、総数が多い地域になるほどペット可の樹木葬霊園を見つけやすいでしょう。
樹木葬の料金というのは一般的な墓石霊園と同じであり、その霊園を使用するための料金を支払うシステムです。
埋葬するためには霊園のスペースを借りる必要があり、そのスペースの使用料を支払う必要があります。
ペットの樹木葬は人よりも相場が安く、30000円~50000円ほどで利用できます。
安いところになると30000円以下というところもあるので、意外とリーズナブルな価格で利用できます。
一方、人間の樹木葬は10万円~80万円くらいが相場となっているため、ペットの使用料は人間の10分の1以下の相場と捉えておくと良いです。
また、墓石霊園の相場は50万円~150万円ほどなので、樹木葬よりも高く付きます。
ペットを樹木葬で埋葬する時にプレートを付けたいところですが、このプレートもかなり安いです。
もちろん、高級素材を使ったりすると値段が高くなりますが、一般的なプレートであれば霊園のスペース使用料の半額程度が相場です。
10000円~15000円ほどを見ておけば大丈夫です。
もっと安くペットの樹木葬を行いたいという方は、霊園によって合葬が用意されているのでチェックしてみてください。
この合葬というのは1つの木々の周囲に埋葬するという樹木葬であり、個々にスペースを借りて埋葬するよりも値段が安いです。

コスト的にもペットの埋葬は樹木葬がオススメ

ペットを樹木葬霊園へ埋葬する時も、人と同じように火葬して遺骨状態にしておく必要があります。
ペット火葬は個別火葬や合同火葬など、いろんな火葬方法があります。
基本的にペットの火葬料金は体重で変わることからも、火葬方法による価格の差はそれほどありません。
中型犬の10kgほどの体重で個別火葬をした場合、40000円~50000円もあれば十分に火葬できます。
もっと安く火葬をしてもらえる火葬場もあるので、近くの火葬場で料金比較をしてみてください。
大型犬など体重が重くて火葬場へ運べない、あるいは車がないので火葬場へ行けないという場合、訪問火葬をしているところを探すと便利です。
これは火葬炉が搭載された車で訪問してもらい、その場で火葬ができるというサービスです。
日本ペット訪問火葬協会という団体が設置されているほど列記としたサービスなので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか?
火葬料金や霊園の使用料を考慮しても、ペットの埋葬は樹木葬がオススメです。
普通のペット霊園とは違って、家族と一緒に眠ることができるという大きな魅力があります。
意外と低価格で埋葬することができるため、コストはそれほど気にならないと思います。
今の時代は犬や猫など、ペットを家族の一員として扱っている人が多い時代です。
霊園の運営方針としても、ペット可の霊園が今後は増えてくる可能性もあります。
また、樹木葬の霊園も同様な状況であり、こちらも通常の墓石霊園よりはリーズナブルな価格なので、今以上に霊園数が伸びる可能性は十分にあります。