近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

樹木葬の日本における歴史まとめ

    

樹木葬の日本における歴史まとめ

 

樹木葬は日本のお墓の歴史の中でも比較的新しいものです。
そのためルーツがわかっている注目の埋葬方法です。
そして樹木葬が始まった理由は日本人の意識が変わったことや環境などのいろいろな要因によるものです。
そこでここでは樹木葬の日本における歴史をまとめてみました。
ご興味のある方はぜひ参考にしてください。

 

 

樹木葬は1999年に誕生

樹木葬という埋葬方法が日本で注目されたのが1999年です。
これは岩手県にある祥雲寺というお寺の住職がはじめたことがきっかけと言われています。
山一帯を墓地にした山里タイプの樹木葬で、その名も「樹木葬の里」といいました。
これは自然と一体化できる埋葬方法を実現させた、当時としては画期的なものです。
住職が雑草を抜いたり、山の整備をコツコツ進めていくと里山の自然はみるみる蘇ったそうです。

その蘇った里山を守るために、里山全体を墓地とする樹木葬墓地を始めました。
そしてこのように樹木葬とは自然保護の一環として、人工物を用いないで始めた墓地が本来は最初のスタイルでした。
しかし、いまでは里山型の樹木墓地は非常に少ないといわれています。

 

その後樹木葬とは大きく3つになった

樹木葬はその後大きくわけると3つになりました。

〇里山タイプ
ひとつは冒頭でもお伝えし多様な山里タイプと呼ばれるものです。
なるべく自然を残している場所に埋葬して、里山の自然を残すために埋葬する方法です。

 

〇公園タイプとガーデニングタイプ
そしてその後には公園タイプとガーデニングタイプができました。
これは公園タイプが公園型墓地や霊園の敷地の一角に樹木を植えて、それを墓標として周囲に埋葬するような形をとっています。
ただし墓石がないだけで、他のお墓のように整備されています。

またガーデニングタイプも公園タイプに似ています。
都内でよく見るタイプですが、すでにある墓地や霊園の一部にスペースがあり、花壇のように美しい庭園に草木を植えて、納骨スペースを設けています。
遺骨の収納方法は納骨堂などと形式が似ているものもあります。

 

またこれらの遺骨の埋葬は必ずしも合祀ばかりとは限らず、個別にお墓を設ける個人墓という形式をとる場合もあります。
また樹木は1本でも周囲に小さい墓碑を並べてその中に骨壺を収納するという、従来と変わらないタイプ(ただし墓石でなく小さい墓碑)も樹木葬もあります。

 

散骨との違いは何か?

散骨と樹木葬は、同じ埋葬の仕方だと考えている方もいるでしょうが、実は全く違います。
樹木葬はここでご紹介しているように墓地として認可を受けている土地の樹木の元に埋葬しますが、散骨は墓地以外に粉上にした遺骨を撒方法です。
そして樹木葬は埋葬に関係する法律の規定に則って行われる必要があるため、埋火葬許可証が必要とされます。
実は一般のお墓と同じ扱いです。
そのためにすでに埋葬されている遺骨を樹木葬で改葬する場合には改葬許可証の発行必要になります。

 

樹木葬の埋葬の方法とは

樹木葬には現在2種類の方法で埋葬されるようになっています。

〇土に直接埋葬する方法
ひとつは直接土に遺骨を埋葬する方法です。
これは遺骨を細かく砕き、土に直接埋葬する方法です。
もちろんそのまま埋葬場所に遺骨を埋める、時間が経つと土に還るタイプの紙・またはそのような素材の袋に入れて埋葬することもあります。

 

〇骨壺の状態で埋葬する方法

もう一つは骨壺の状態で埋葬する方法もあります。
これは樹木の下というだけでなく、通常のお墓のように納骨堂形式のものが設けられていることもあります。
そこに骨壺のまま一定の期間納骨され、期間が過ぎると合祀されます。
このタイプは樹木葬でも改葬を目的にするなら骨壺ごと取り出すことができるのでその意味ではメリットがある方法です。

 

納骨堂との違いについて

最近でてきた納骨堂という方法があります。
先ほど納骨堂に近い方法があるとお伝えしましたが、現実的には納骨堂は室内に設けられたお墓です。
これは土に還すことなく、遺骨を骨壺ごと収納した室内墓のスタイルです。
そして自動搬送式というハイテクによって、お参りにきたかたがICカード1枚で骨壺が収められた墓石タイプのお墓にお参りすることができます。

都内には最近多くの納骨堂ができて、時代の変化を感じるようになりました。
これも樹木葬と同じで新しくて利用しやすい、そして永代供養が付いているお墓ということで注目されています。
納骨堂との大きな違いは土に還るタイプがあり、屋外型墓地で、樹木を墓標としていることです。

 

まとめ

樹木葬は自然葬としてはじまった新しい埋葬方法です。
樹木を墓標とするので自然保護としても注目されています。
しかし最近では樹木葬といっても納骨堂タイプの個別の墓を用意する霊園や墓地も出現しているので、まだまだそのバリエーションは増えるかもしれません。
しかしこのようなお墓が増えた背景も、お墓の継承者を必要としない、お墓不足という現代のニーズから生まれています。
今後ますますいろいろなタイプのお墓ができるかもしれません。