近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

樹木葬の申込者はどんな方が多いのか?

    

どんな人が樹木葬に申し込むのか

 

 

最近話題になることが何かと多い、樹木葬。
自分や家族にその時が来たら、樹木葬もいいなと思っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、樹木葬の申込者はどんな人が多いのか、ご紹介します。

 

 

樹木葬の特徴:永代供養とコストが安い

樹木葬とは、木を墓標の代わりにして埋葬するスタイルです。
一本の大きい木に、複数の人が埋葬される合祀墓と、一人につき一本の木を植えるスタイルがあります。
価格は、合祀墓は10万円程度〜一人一本の木を植えるスタイルだと、80万円程度が相場のようです。
通常の墓石を置くお墓よりも、安く済み、なおかつ樹木の下に眠るというイメージが自然を好む人に支持されています。
樹木葬の申込者は、これらの点にメリットを感じる方が多いです。
具体的に見ていきましょう。

家族に迷惑をかけたくない人

お墓を代々継承するという伝統を維持することが難しくなっています。
生涯独身で、身寄りがないという方もいらっしゃいますし、家族はいるけれども迷惑をかけたくないという方もおられます。
つまり、代々に渡ってお墓を継承したくないという場合、永代供養が付いている個人墓を選択することになります。
永代供養があれば、誰かがお参りに行かなくてもお墓の維持管理ができます。
樹木葬は、最初の初期費用を払ってしまえば、永代供養の代金は不要としているところもあります。
永代供養の代金が別に請求されるお墓の場合は、確かにお墓まで行かなくても管理はしてもらえますが、管理料を誰が出すかということでトラブルになることもあります。
管理費の問題も考えると、その後の管理費がいらないとする樹木葬を選ぶのも一つの方法です。
お墓の継承を誇りだと思う価値観も、少なくなってきました。
実際に遠いところを通うのは大変です。
樹木葬なら、大方に永代供養がついているので安心ですね。

その他こんな人が申し込む

生前、自然が好きだった方が樹木葬にしてほしいと遺言することもあります。
樹木葬は、文字通り樹木を墓標代わりに植えますので、自然を感じることができます。
樹木の生命力は、自然が好きな方には非常に魅力的に映るでしょう。
樹木葬は、骨壷を埋める方法と、骨壷から骨を出して埋める方法があります。
後者の場合、改葬は難しくなりますが、その予定がない方にとってはいいでしょう。
樹木葬は墓石がないので、費用が安く済みます。
お墓にお金をそこまでかけられないという場合、樹木葬が選択されることもあります。
樹木葬を経営しているのは、お寺だけではなく新興宗教もあります。
従来のお墓の様式とは違っているので、例えばお経をあげる場所があまり考慮されていなかったり、特定の宗教に合わせた仕様にはなっていないこともあり得ます。
特定の宗教を信仰していないからこそ、より自由な埋葬方法である樹木葬を選択できるとも考えられます。
特に宗教にこだわりのない方にとっては、樹木葬がオススメです。
愛するペットと一緒に眠りたい場合、通常のお墓だとなかなか難しいかもしれませんが樹木葬の場合は一緒に埋葬する動物の制限が緩やかなことがあります。
ペットも家族の一員です。
一緒に眠れるといいですよね。
また、内縁と法律上の家族との扱いに差がありません。
たとえば、生前に結婚していなかった内縁の家族であっても一緒に埋葬してもらえます。
内縁の家族は、その方にとっては家族ですから一緒に埋葬されて当然という感じもしますが、これまでのお墓では法律上の家族ではないと一緒に埋葬できないこともあったようです。
当事者にとっては寂しいことですね。
樹木葬は、これまでの血族を中心とした墓ではなく、あくまでその人個人の墓です。樹木葬はあくまでも個人の墓ですから、一緒に入りたいと思うものと一緒に埋葬してもらえます。様々な家族スタイルがある現代に、最も合致しているといえるでしょう。
自然に骨がかえっていくという埋葬方法に憧れはあるけれど、海洋散骨だと本当に何も残らないので、そこまでしたくない、という方にとっては、木の根元に遺骨を埋める樹木葬は納得のいく形です。
海洋散骨ほど自然にすぐにはかえらないけれども、ゆくゆくは自然にかえっていきます。そのスピード感が丁度いいということもあるでしょう。また、家族にとっても海洋散骨だと墓参りしようにもなかなかできませんが、樹木葬なら墓参りの対象があるということで、感覚的に受け入れやすいのではないでしょうか。
樹木葬は、現代の様々なニーズにあった埋葬方法です。かつての血族を中心としたお墓ではなく、個人墓のため一緒に埋葬したい人は必ずしも血族ではなくても大丈夫です。さらに、永代供養サービスがついているところが多いので、お墓の維持管理について悩まなくても済みます。以前とは家族の形や、宗教などの感覚が変わってきている今だからこそ、樹木葬が選ばれています。