近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

通常のお墓に埋葬してるけど樹木葬に変更したい場合の方法

    

通常のお墓に埋葬してるけど樹木葬に変更したい場合の方法

 

現在は普通のお墓に家族を埋葬しているが、お墓を移して樹木葬に変更したいという方もいるでしょう。
実はお墓が遠い、でも都心ではお墓が高すぎて変えないという方が多くなっているので、樹木葬に変えたいという方もいるのだそうです。
そこでここでは普通のお墓から樹木葬に変更したい場合の方法について解説します。
ただし注意点も含まれていますので、ご一読ください。

 

現在のお墓から樹木葬へ改葬する

樹木葬は注目の埋葬方法です。
最近注目され始めたということでよく内容が理解されてないこともあります。
最近では遠方にあるお墓が管理できないという理由で改葬(お墓を移すこと)する方いますが、その時樹木葬を選ぶ方もいます。
しかし今ある先祖のお墓はどうなるのか、少し不安です。

これは普通のお墓と同じで、以前のお墓から新しいお墓に改装する方法をとるようにします。
その時はどのように改葬するのかを以下にお伝えします。

 

樹木葬に改葬する方法とは

現在田舎などにあるお墓に埋葬されている場合、今のお墓を撤去・整地して墓地を管理者に返還します。
そして新しいお墓に遺骨を納めるようにします。
それを改葬と呼んでいます。
樹木葬へ改葬する場合も同様で、移転先のお墓を樹木葬にするということです。

〇樹木葬の長所

樹木葬は墓石ではなく樹木を墓標としたお墓のことになります。
価格は相当押さえられますが、樹木葬は樹木を墓標にしているので、自然に囲まれて眠る明るい雰囲気があります。
また永代供養が付いているので女性にも人気があります。
女性は従来お墓が持てないか(継承するタイプのお墓の場合)、合祀するタイプの納骨堂や家族のお墓に埋葬されるケース(もちろんご結婚されていたら別です)があります。
しかし最近では夫と一緒のお墓に入りたくない、最終的には夫が亡くなって独身になったという方が自ら樹木葬を選ぶケースが増えています。

 

樹木葬に改装したい場合の手続きとは

樹木葬に改葬をするにはいくつかの手続きを踏みます。

〇新しいお墓の決定
まずは遺骨の移動先である新しいお墓の決定をします。
そして今のお墓の管理者への改葬相談をします。
それがまとまったら市区町村役場への改葬手続きを行います。
これらがスムーズにいって初めて改葬ができることになります。
実はこれらが済まないと、いくら新しいお墓が見つかっても、お墓の撤去ができなければ改葬はできないことになります。

遺骨の移動先である新しいお墓の決定をする場合、立地・価格帯などを考えて自分たちの希望に沿った樹木葬のお墓を探します。

・霊園タイプがいいのか

・公園のような整地されたところが良いのか

・里山のような自然深いところが良いのか

を実際に確認して選んでみます。

 

〇受入証明書・埋葬証明書
新しい墓地の契約をしたら、墓地の管理者から「受入証明書」をもらいます。
市区町村役場で手続きを行うときに必要となるためです。

次に行うのが今のお墓の管理者への改葬相談を行うことです。
またその時撤去日や撤去のための費用を相談し、誰が今のお墓に入っているのかを記されている「埋葬証明書」をもらいます。
この「埋葬証明書」は、市区町村役場で手続きを行うときに必要です。

〇現在のお寺との相談

実は現在のお寺というのが一番難関になることもあります。
というのは公営霊園などなら何等問題がないのですが、寺院墓地や檀家になっているという場合は、会話次第ではトラブルになることもあります。
先祖代々遺骨を管理してくれたお寺に感謝の念がない、本来なら改葬したくないというのがお寺の気持ちのはずです。
そこでまずは今までの感謝の気持ちを伝えて、相談するというスタンスでお願いします。
そうでもしないと埋葬証明書が発行されない恐れもあります。

〇改葬手続き

最後は市区町村役場への改葬手続きを行います。
このとき新しい墓地の管理者からもらっている受け入れ証明書前の墓地の管理者からもらった埋葬証明書の2通をもっていきましょう。
改葬手続きを行うと、「改葬許可証」がもらえます。
これを新しい墓地の管理者に提出することはじめて新しいお墓作りをスタートすることが可能になります。

 

樹木葬へ改葬するときの注意とは

樹木葬に改装するときにはいくつか注意点があることを忘れないようにしましょう。

〇納骨の方法
それは納骨の方法です。
普通のお墓にはお墓の内部に骨壺を入れるところがあります(これは地域によっても少し違うこともあります)。
しかし樹木葬の場合は遺骨をそのまま土に還すこともあります。
これはプランによりけりなのですが、遺骨を骨壺に入れて小さいお墓のようなものに埋葬するところもあります。
これはその霊園や墓地のプランによっても変わります。

〇家族と話し合う

そして親戚にも事前に改葬する意味をよく話し合っておきましょう。
そしてどのような埋葬方法なのかを今一度理解しておく必要があります。
遺骨を取り出さなくて本当に良いのか、または後で取り出したいならそのようなプランにするなどを再度検討しておきましょう