近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

樹木葬は土葬とは違うのか?

    

樹木葬と土葬の違いについて

 

樹木葬と土葬というのは、そもそもカテゴリーの異なる名詞です。
樹木葬は自然葬というカテゴリーで葬法の1種、土葬というのは埋葬方法の1種です。

 

 

 

樹木葬は自然葬の1種である

自然葬は「海底葬」や「宇宙葬」など、自然のあるところに遺骨を撒く葬法です。
この自然葬の特徴は「散骨」という部分にあり、散骨というのは骨を撒くという意味です。
好きなところに骨を撒いて良いわけではなく、骨を撒きたい土地の所有者から許可を得ることがマナーとなっています。
また、骨を完全に粉砕した状態で撒かなければ人間の骨だと分かってしまうため、しっかりと粉砕することも1つのマナーです。
樹木葬は遺骨を埋葬したり散骨した後に木を植えることが特徴です。
通常、お墓というのは墓石を建てるわけですが、その墓石の代わりに木を植えるのが樹木葬です。
日本において樹木葬は大まかに2種の定義を考えることができます。
1つは霊園において墓石の代わりに木を植えるという樹木葬、もう1つは自然葬として許可されている山に散骨する樹木葬です。
前者は霊園を利用することからも、純粋な自然葬というわけではありません。
後者は完全に自然葬ですが、場所によっては絶対に木を植えられるわけではありません。
一般的に樹木葬と呼ばれる葬法は霊園を利用することを指しています。
樹木葬は自然葬というカテゴリーにおける1種ですが、その定義は明確に決まっているわけではなく、最近は散骨の認知度が高くなっていることからも樹木葬の定義はかなり曖昧です。

土葬は埋葬方法の1種である

世界には様々な埋葬方法があり、ピラミッドの話ではミイラが度々登場しますね。
死後、人はお墓に埋葬されるわけですが、その時に遺体を焼くことを火葬、遺体を焼かずに埋葬することを土葬と言います。
土葬というのは遺体をそのままの状態で土に埋めることであり、埋葬方法の1種です。
あるいは自然葬など葬法の1種と捉えることもでき、「散骨」も埋葬方法の1種です。
日本では遺体を火葬してから埋葬するのが一般的ですが、法律として土葬が禁止されているわけではありません。
地域によっては条例で土葬が禁止されている地域もありますが、逆に土葬がOKとなっている地域もあります。
人の遺体を埋葬する時、これは法的に許可を得た土地にしか埋葬することができません。
つまり、埋葬するには許可を得た霊園を利用するしか手段がないわけです。
土葬で埋葬できるかどうかは許可を得て運営されている霊園に寄るため、土葬をしたいなら土葬ができる霊園を見つける必要があります。
現状、殆どの霊園は土葬を認めていないため、火葬から埋葬するほうが霊園の選択肢は広くなります。

樹木葬の火葬と土葬と散骨

一般的に樹木葬という言葉は霊園を利用した葬法として使われることが多いため、普通のお墓との違いは「墓石」か「木」の違いとなります。
また、樹木葬ができるかどうかは霊園によるため、樹木葬ができる霊園を探すことが焦点となります。
さて、樹木葬ができる霊園を利用することを前提にすると、埋葬方法は霊園の指示に従う必要があります。
霊園が火葬した遺骨しか埋葬できないといえば、お葬式の流れから火葬しておく必要があります。
土葬でもOKというなら、お葬式をして火葬を省略してそのまま埋葬することができます。
散骨については、遺骨を埋葬する時に土に埋めるのか撒くのかの違いであり、霊園において穴を掘って地中に撒くという考え方なら呼び方は何でも良いと言えます。
一般的に散骨という言葉は自然葬を説明するために使われるため、「散骨=自然葬」という認識を持っておく方が分かりやすいです。
自然葬として好きな山に樹木葬という名目で散骨するなら、この時の埋葬方法は火葬であり散骨となります。
「樹木葬は土葬とは違うのか?」、これは土葬から樹木葬を行うかどうかに寄ります。
火葬をして遺骨を樹木葬するのであれば、「樹木葬は土葬とは違う」ということになります。
しかし、霊園が土葬でも良いというなら「樹木葬は土葬である」ということになります。
繰り返しになりますが、自然葬で好きな場所に土葬することは法的に不可能です。
絶対に許可を得た霊園にしか人の遺体を埋葬することができないため、「樹木葬は土葬とは違うのか?」という答えは霊園次第となります。
現状、土葬が出来る霊園は数が少ない状態です。
さらに「樹木葬は土葬と同じ」というケースを実現するためには、樹木葬ができて土葬が可能な霊園を利用する場合に限ります。
宗教的な話を除外すると、火葬と土葬なら火葬の方が効率的です。
遺骨だけを埋葬するため、大きなスペースが必要ではありません。
また、衛生面においても遺体が腐敗することがないので安全です。
日本は完全に火葬が文化となっていますが、世界で見た場合は土葬を文化にしている国がとても多いです。
宗教的な理由から火葬が認知されにくい国もあるようです。