近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

事前に樹木葬のエンディングノートを作成出来るの?

    

事前に樹木葬のエンディングノートを作成出来るの?

 

現在では「就活」と呼ばれる言葉が注目されています。
この「就活」とはまだ自分が元気なうちに身辺整理を行うことで、亡くなった後にご遺族が困らないようにすることを言います。
そして、その定番でエンディングノートと言うものがあります。
これは、ご自身が生きている間に資産や葬儀の希望といった色々な情報を書き残すためのノートの事です。
では、このエンディングノートは樹木葬でも前もって作成できるのでしょうか。

 

樹木葬でもエンディングノートは作成可能!しかし注意点もある

葬儀の種類に関わらずエンディングノートは作成することができます。
もちろん樹木葬でも大丈夫です。
しかし、これを書くときには気をつけなければならない点がいくつかあります。
では、それを見ていきましょう。

1.エンディングノートは自由度は高いが法的拘束力はない
まずエンディングノートは自由度がかなり高いです。
例えば記載する要項や内容もご自身で自由に決められるため、資産や葬儀の希望といったものだけでなく家族へのメッセージや楽しかった出来事なども書くことができます。
またエンディングノートは一般的に市販されているシンプルなものから、専門的なものまでありますのでご自身の好みで選ぶことができます。
しかし自由に書ける反面、法的拘束力を持ちません。
そのため、もし遺産相続に関して記述を行っても遺言とならない場合もあるので注意しておきましょう。
ですから、法的な拘束力を持たせたいと考えている方はあらかじめ決められたフォーマットに則って遺言状を作るといいです。

2.できるだけ伝えたいことは細かく書く!
もし「これだけは絶対に伝えておきたい」という事柄がある方は、そのことを出来るだけ詳細に書くことが大切です。
くれぐれも「どうせ家族だから、だいたいのことを書けば分かってくれるだろう」という考えはやめましょう。
確かにエンディングノートはフォーマットも決まっておらず自由に書けますが、家族などの第3者から見てもはっきり分かりやすいように書かなければいけません。
そのため、丁寧かつ詳細に書くことを心がけるといいです。

3.エンディングノートを書いていることを家族には伝えておく
また、エンディングノートを書いていることをご自身の間で秘密にしておくのは辞めましょう。
エンディングノートは自分のためだけでなく、遺されるご遺族のためでもあるのです。
もしご家族が把握できないとせっかく書いても意味がないので、きちんと前もって伝えておくことが大切です。

 

具体的にどんな内容のものを書くの?

またエンディングノートに関して何を書けばいいか迷っている方もいるでしょう。
主に、書いておくといいものは以下のものが挙げられます。

①自分の個人情報
・戸籍
・運転免許証番号
・マイナンバー関連
・保険証
上記のような自分の個人情報を事細かく記載しましょう。
他にも、重要なカードや書類がどこに保管されているのか場所を書いておくと便利です。

②自分と関係者の連絡先
・携帯電話(スマートフォン)の番号
・住所
自分に関連する主要な連絡先はまとめておくといいです。
もし何かあった時や緊急を要する事案が起こった場合に役立ちます。

③財産・資産関係
・銀行の名前
・口座番号
・貯金
・クレジットカードやキャッシュカード
・不動産
・ローンや負債
ご自身のみならずご家族にとって一番気になるところです。
もし、何らかの間違いが起こった場合にご家族が困ってしまうことがあるので、きちんと記述を行いましょう。
たとえ、ローンや借金などの負債を抱えていたとしても隠し事をしないことが大切です。

④葬儀関係
・葬儀形式
・埋葬場所
もし樹木葬を望むのなら里山型・公園型・ガーデニング型のどの形式がいいか、またエリアはどこがいいか、さらに寺院か霊園のどちらで弔ってもらいたいかなどを記しましょう。
こうすることで、死後に自身が望んでいた葬儀を挙げることができます。

⑤私物整理
・残してほしい物
・捨ててもいい物
・価値のある物
整理しきれなかった私物に関しても記述しておくといいです。
よく亡くなった後にどれを残したらいいか、処分したらいいか分からないというケースはかなり多いです。
なので、遺されたご家族のためにも色々と詳しく書きましょう。

⑥パソコンに関係するもの
・IDやパスワード
・重要な電子メール
・取引などのデータ
よく忘れがちなのがパソコンならびにインターネットに関係するものです。
近年では、ネット社会ということでとても重要視されています。
もし対処の仕方を誤ってしまうと悪用されてしまうこともあります。
ですからIDやパスワード、メールなどといった大切なデータはどう処理したらいいのかきちんと記載することが大切です。

⑦残しておきたいメッセージ
・家族に対しての感謝
・仲の良い親友へ
・自分の今の気持ちなど
生前のうちに色々と残しておきたいメッセージなども残すことができます。
今まで、恥ずかしくてなかなか言えなかった感謝や気持ちなども自由に書くことができるので、ご家族の悲しい気持ちを癒せるでしょう。

 

エンディングノートは就活を行う上でとても大切!

自分が遺しておきたいことを色々と書くことができるエンディングノートはとても便利なものです。
もし少しでも興味がある方は、形式は自由なので書いてみるといいです。