近年、新しい埋葬方法として注目されている「樹木葬」

樹木葬ができる場所とは

    

樹木葬ができる場所とは

 

樹木葬は従来の埋葬方法とは異なり、樹木のあるところに埋葬したり、埋葬後に樹木を植えることからも自然がテーマになっている埋葬方法です。
少し変わった埋葬方法ではありますが、実際に樹木葬ができる場所は法律に沿って運営されている霊園となります。

 

 

 

樹木葬ができる場所は特別なところではない

初めて樹木葬という言葉を知る人にとっては、「樹木葬は自然のある好きな場所に埋葬できるのかな?」というイメージを持つと思います。
基本的に埋葬というのは法律で許可された土地でなければ埋葬することができず、霊園の運営についても法律がしっかりとあります。
大まかに言うと、霊園を作りたいと思った人が土地を確保して、そこで霊園を開くことの許可を受けるといった流れとなります。
こうして開設された霊園を樹木葬と称して運営し、樹木葬をやりたい利用者が集まるわけです。
要するに樹木葬という言葉の響きはとても特殊ですが、実際に樹木葬ができる場所は従来からある霊園というわけです。
もう少し細かくいうと、全国には様々な霊園がありますが、樹木葬ができるかどうかは本当に霊園によります。
そのため、樹木葬ができる場所というのは樹木葬を行っている霊園において行うことができるため、埋葬する霊園を探す時に樹木葬に対応しているかどうかを見ておく必要があります。

散骨による樹木葬ができる場所

樹木葬は基本的に「埋葬」することが定義なので、絶対に許可を得た霊園でなければ埋葬することができません。
勝手に自然の好きな場所に遺骨を埋葬すると、それは遺骨遺棄という罪に問われてしまうので注意をしてください。
さて、霊園における樹木葬とは別の方法として、散骨からの樹木葬という方法もあります。
これは一般的に言われる樹木葬の定義とは多少異なるものがありますが、理屈でいえば似たようなものです。
散骨は火葬した遺骨を砕いて自然に撒くというのが定義であり、これを規制するための法律がありません。
散骨については「個人が節度をもって」という言葉が良く使われますが、一般的なマナーを逸脱しない限りは自由に散骨することが可能な現状です。
一部、その地域における条例などで規制が設けられているケースがあるため、散骨したい地域で個人的に許可を得るのが正しいやり方でもあります。
樹木というのは山や森にあるわけですが、散骨からの樹木葬なら特別な規制がない限りは好きなところに散骨することができます。
散骨ではなく埋葬したい場合でも、火葬をして散骨できる状態の骨なのであればOKです。
目的が供養という点に変わりがなく、空中に骨を撒くのか地中に穴を掘って骨を撒くのかの違いだけなので、遺骨遺棄罪に問われることはないでしょう。
刑法第190条では、「死体,遺骨,遺髪又は棺に納めてある物を損壊し,遺棄し,又は領得した者は,3年以下の懲役に処する。」とあります。
この文言だけを見ると、散骨自体が罪に問われます。
しかし、同刑法においては「遺骨を処分する権限を有する者が,風俗慣習に従って正当に処分したものは含まれないとされます。」とあるため、
家族が供養をするという目的においては散骨は罪になりません。
また、散骨からの樹木葬において、その場で綺麗な花や木の下に骨を埋めたとしても、これもまた同様でしょう。
遺骨遺棄の「遺棄」というのは、習俗上として埋葬とは認知されていない方法で遺骨を放棄することとされています。
例えば、今の日本文化において霊園に埋葬することが習俗上に反する行為ならば、霊園に埋葬すると罪になるというわけです。
散骨は自然葬の1種として認知されており、習俗上に反する方法でもありません。

散骨に関する注意点

散骨から樹木葬を行う方が、樹木葬ができる場所は無限に広がります。
一方、霊園で樹木葬を行うと、定期的にお墓参りができるというメリットもあります。
この点については従来からあるお葬式の風習の良さであり、自由度の高い散骨からの樹木葬は場所によってはなかなかお墓参りができないため、じっくりとその点を踏まえて検討したいところです。
もし散骨を希望するのであれば、絶対に骨だと分からないほどに砕くことを覚えておいてください。
火葬後の状態で散骨したり埋葬すると、それを発見する人と散骨した人の双方にとって良い結果にはなりません。
これは想像通り、骨が発見されて警察の捜査が入り、事件性を探られるのが目に見ていきますね。
目的が供養であり、習俗上に反しない行為として遺骨を放棄したとはいえ、遺骨遺棄罪に問われる可能性もなくはありません。
一般的な散骨のマナーとして「骨を砕く」や「散骨の許可を確認する」というのは常識でもあるため、この2点についてはしっかりと覚えておきたい知識です。
霊園で樹木葬を行う場合は特に注意をしておくべき点はありませんが、霊園によって樹木葬の形式は様々です。
業界的に樹木葬の定義が統一されているわけでもないので、いろんな霊園の樹木葬を比較しながら場所探しをしてみてください。